01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

11/11 

前回、フリーズのために前へ進むことが出来ないという記事を書きました。

ふと、
「CPUの性能がサウンドボードに追いついてないんじゃないか?」
と突然思い立って、気になって調べてみました。

恥ずかしながら、自分のノートPCのCPUの性能を気にせずに今まで使っていたので、
これを機会に調べてみました。

すると、うちのノートPCの性能は以下のものだと今さらながら知りました。

=======================================
OS:Windous Vista Home Premium
プロセッサ:Movile AMD Sempron(tm) Processor 3200+ 1.6GHz
メモリ(RAM):894MB
システムの種類:32bitオペレーティングシステム
=======================================


一方で、サウンドボード(sb‐XFi‐sorround5.1)に推奨されている性能は、以下のようなものでした。


=========================================
・Intel Pentium 4 1.6GHz以上のプロセッサ
(Pentium 4 2.2GHz以上を、Windows VistaではCore 2 Duo 2GHz以上を推奨
・Intel純正チップセットを推奨
・Microsoft Windows Vista(32-bit、または64-bit)、Microsoft Windows XP(Professionalx64 Edition、またはSP2以上)
・512MB以上のシステムメモリー(Windows Vistaでは1GB以上を推奨
・600MB以上の空き容量を持つハードディスクドライブ
=========================================

足りてねぇwwww
道理で動作中に度々フリーズするわけだ。
負荷かけてごめんね。



さて、ようやく原因がわかったところで、解決策の提示と行きたいところですが、
こればっかりはCPUを別のものにするしかない。

が、ノートPCのCPU換装はかなり難しいらしい。
うーむ、リスクが大きすぎるので、これは断念せざるを得ない。


実況は不可能か……。



――――と、思ったのですが、ここまで来てそれは悔しい。


ところで来年から研究室に配属されるわけですが、そうなると、1人1台のPCを用意せなならんそうです。

つまり、それをどこから捻出するか、という話になるわけで。

いいこと思いついた。

この際、作ってしまおう。
前々から興味のあったデスクトップPCの自作に取り掛かろうと思います。

そのために色々勉強したり、ヨド○シカメラで市場調査したり、楽しそう。

最近はなかなか前に進めない自分に絶望し、色々モチベーションが下がっていたので、
これは良いチャンスだと思う。

よし、やる気が出てきた。



失敗がなんぼのもんじゃい。
立ち止まってないで、まずやってみれ。

スポンサーサイト

カテゴリ:[雑記]実況への道     

2009.11.11 Wed. 05:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

11/09 

実況プレイ動画をあげるべく、2~3週間ほど様々な問題に悩まされつつも、
なんだかんだ言って解決してここまで来ました。
でも、今回ばかりはどうにもならなさそうです。


今僕が直面している問題は、「キャプチャソフトがフリーズする件」です。

======================================

①PC(vista/1.6GHz)にキャプチャ(mvcp-41p)とサウンドボード(SB-XFi surround5.1)をそれぞれUSB接続。

②録音コントロールを再生リダイレクト(ステレオミキサ―)に設定。また再生タブでマイクミュートを解除。

③PS2の電源を入れる。

④キャプチャソフト(ShowbizDVD2)を起動し、デバイスからキャプチャしようとするとフリーズします。
(正確にはフリーズというか、PCが極端に重くなるといった感じです)

=======================================

別のキャプチャソフトで検証しても、同様の症状でフリーズします。

どうやらソフトの問題ではなく、ハードの問題のようです。



ちなみに、サウンドボードをはずして、キャプチャだけでやると、ゲームの音声も映像もキャプチャすることができます。




もしかして再生リダイレクト(ステレオミキサ―)の問題か?
と思って、以下のように検証してみました。

========================================

①PC(vista/1.6GHz)にキャプチャ(mvcp-41p)とサウンドボード(SB-XFi surround5.1)をそれぞれUSB接続。

②録音コントロールを再生リダイレクト(ステレオミキサ―)ではなく、ライン(USBオーディオデバイス)に設定。また再生タブでマイクミュートを解除。

③キャプチャソフトを起動し、「デバイスからキャプチャ」を選択するとフリーズ。。。

========================================

結果、見ごとにフリーズしました。

サウンドボードとPCの相性の問題?


いまのところ打つ手なしです。


ここまで……か。

どなたか知っていたら教えてくださいm(_ _)m

カテゴリ:[雑記]実況への道     

2009.11.11 Wed. 02:58 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

11/03‐② 

今日の記事は備忘録です。軽くスルーしちゃってくださいww



タイトルのテンションとは裏腹に、とっても喜んでいます。

出来た瞬間、
「よしっ!出来たぜ!うっしゃぁー!!」って部屋の中で叫んだww



今日はPS2から動画をキャプチャすることに挑戦していました。

ついこないだ、ステレオミキサーを苦労の末なんとか導入して、多方面からの音声を録音することに成功しました。これができると、ゲーム音声とおしゃべりが同時にできたりラジオの裏でBGMを流すことが可能になります。便利!

しかし、ここまで来るのが長かった。

XPまではなにも使わずに普通に出来たんですが、なぜかVistaになってから使えなくなりました。
Vistaよ……XPに負けるなよな(全体的にXPの方が使えるww)

これを入れるのにサウンドボードを買ったんですが、自分が無知なもので使い方がよく分からなかった。

「USBポートにさせばいいだけじゃん?」
って思っていた時期が自分にもありました(笑)

実際はそれだけじゃだめで、インストールした後にドライバを最新のものに更新しないとダメだったっぽかった。
今考えると当たり前だけど何日も悩みましたww
ネットを調べて回ってなんとか解決できて良かったー。


そんな安心も束の間、今度は、PS2からの音楽がキャプチャ出来ないという事態に陥りました。
うちでは「ShowBiz DVD2」というキャプチャソフトを使っているのですが(キャプチャボードに同封されてた)、そのオーディオデバイスの欄がどうやってもチェックできない。

問題を解決しようとずっと調べて回ったのですが、原因がよく分からず無理でした。
仕方ないので別のフリーのキャプチャソフトをダウンロードして試そうと思いました。


========================================

候補は「ふぬああ」と「DScaler」と「KMplayer」。
このうちで「ふぬああ」はウチの機材では無理です。
(ライン入力しなくちゃいけないんですが、うちのサウンドボード「SB-XFi‐surround5.1」ではライン入力とマイク入力が同時に使用できない仕様なため)

きっぱり「ふぬああ」を諦めて、「DScaler」に挑戦。設定が少し面倒だったけれど、映像は映りました。
でも、こちらでも音声を鳴らすことができず、あえなくリタイア。画質がちょっと微妙だったから執着する気も起きなかった。

ラストは「KMplayer」。こっちも設定が面倒でしたが、なんとか映像は映った。
問題はここからだ、と思ってFireFoxを開いたら、ツールバーにpandoraTVやら何やらが追加されてて、正直やるきが失せた(きっとKMplayerに同封されてたんだな)。

GOMのときもそうだったけど、こういう手を使ってインストールさせてくるから、隣の国は嫌なんだよな。ま、速攻でアンインストールしてアドオンも個別に削除したからいいけど。
よくわかってない人だと、消し方が分からないだろうから立ちが悪い。せこすぎてイラッときた。

========================================


さて、頼みの綱もすべて失ってこれからどうしようかとネットを徘徊しました。
どのソフトのときも映像は映るけど録音が出来ないということに脱出のカギがありました。

ソフトの問題ではないとすると、問題になってくるのはUSBオーディオデバイスの方。
始めは「映像が送られてるんだからしっかりUSBが認識されているということだから、音声も入力できるはずだ」と思いこんでしまっていました。
でもそれは間違いでした。

あるときフッと頭の中で「認識されてるデバイス」を確認したくなって、適当にデバイスマネージャーを調べていたら、ここに問題があった。

「USBオーディオデバイスの文字の脇だけに感嘆符がついていた」

「?」と思いながらデバイスマネージャーからドライバを更新しようとしたら、

「コード10」というエラーが発生しました。
調べていくと、どうやら、Vistaが認識できない言葉でドライバを更新しようとしているかららしい
Vistaよ、またお前かww

そこで、microsoftから修正プログラムをダウンロードして、やっとのことさドライバを更新できました。

試しにキャプチャしてみると、ちゃんと音声も流れる!

もうこの喜びを叫ばずにはいられなかったね(笑)

この音声をPC上で流すのだけで「12時から20時まで」ずーっとパソコンの前で格闘していた努力が報われた瞬間でした。

ほんと、よかった。

今回の件で、ネットで色んな不具合の解決策を調べて回ったので、少なくとも「サウンド面」あるいは「キャプチャ面」に関してはかなり知識を蓄えることができたと思います。がんばった!

カテゴリ:[雑記]実況への道     

2009.11.11 Wed. 02:56 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

11/03 

歌ってみた用の機器と実況用の機器は全然違うものだということを、今さらになって気づきました。汗

ウチにある機材は歌ってみたようではなく、どうやら実況用のものみたい。

いろいろ違うんだけれど、分かりやすいところでいうと、マイクが違う

歌ってみた用はダイナミック型マイク、実況用はコンデンサ型マイクが適しているようです。
前者はカラオケマイク、後者はヘッドセットなどのマイクを思い浮かべて頂ければokです。

歌ってみた用のカラオケマイクは元々PCに音声を入力するためのものではないので、
そのままでは使えません(ノイズがひどいらしい)。

そこでオーディオインターフェースというものを中間に挟むのですが、これがメッチャ高い。
安くても5桁とか無理ぽ。1万弱のサウンドカードでも高いと感じたのに……。
楽器やってる人とかは持ってるっぽいです。さすがだなぁと思いました。

ちょっと今の自分には厳しいな。一体いくら投資すれば良いのやら。


今日は午後の授業を蹴って市内の家電量販店や楽器店をふらついてました。見てるだけで楽しいからね。
家電量販店を歩き回っていたら、
欲しかったマイク(コンデンサ型)を発見!即買いしました。
SONYから出ているEMC-PC50(3000円弱)。
まだ使ってないので、早く使いたくてウズウズしています。

カテゴリ:[雑記]実況への道     

2009.11.11 Wed. 02:55 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

10/27 

痛手を覚悟の上で今月はいろいろ買っちゃった。

特にマイブームのPC周辺機器。

キャプチャボードにサウンドボード(オーディオデバイス)にスピーカーに各種ケーブル……。

大雑把に計算しても2万は超してるなー。

あちゃー。


でも、今月は意外なところで収入があったので、後悔はしていない。

特に定額給付金。麻生さんありがとうございます!
12000円は大きいです。

カテゴリ:[雑記]実況への道     

2009.11.11 Wed. 02:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 Pia-Kränze all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。