10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

自分の韋駄天を振り返ってみる 

まずは韋駄天お疲れ様でした!

昔の記事を読んでいたら見つけたので、とりあえず軽く回想してみます。
初めての韋駄天はベルでした→韋駄天杯ベルキュロス1回目(笑)
この頃はタイムを競っているというよりも、自分のPSってどのくらいなんだろうかという気持ちでやってました。
それでもタイムが縮むと嬉しくて、何時間でも打ち込んでいられます。
初めての記録は、驚くべきことに47分かかってますw
後に慣れやら試行錯誤やらで半分以下のタイムになりました。
今考えるといい笑い種ですが、当時は頑張ったな~。
結果は評価Cで確かギリギリ100位に入らなかった位だったと思います。
完全に韋駄天の魅力に取り付かれてしまった回でもあります。

あの頃は、「最適武器じゃないから挑戦すらしないっ!」なんてこと言ってなかったな。
自分も持っているスキルやPSでどこまで追い求められるかが楽しかったです。

==================================================

2回目の韋駄天はバサルでした→韋駄天杯バサルモス

ここからSR、HCが入ってきました。
この頃から武器の選択に拘るようになりました。
この時初めて、理想的な立ち回りは弱点にいかに確実に与えるかということを知りました。
やるたびに次回の韋駄天に繋がっていきます。
これが経験ということなんだな。
上に行きたいなら、まず何回か韋駄天を経験してみると良いと思います。
初めから上位に食い込むなんて夢のまた夢。最初から最適武器クレクレ、最適立ち回りクレクレでは、
いつまで経っても上位に食い込めないんじゃないかなーと思いました。

結果は複数の武器種で評価Aを取ることが出来ました。
それまではCしか見たこと無かったので、嬉しかったことを今でも覚えています。

==================================================

三回目の韋駄天杯はヒプノックでした→韋駄天杯ヒプノック

この頃からダメージシュミレータで効率を考えて、武器も選ぶようにしました。
武器種によっては「最適武器を持ってないからやらね」ってのも、この頃からです。
いいのか悪いのかは分かりません。
ですが、初めて双剣で評価Sを取ることができました。
最終暫定で35位と、今までの自分に比べたら快挙でした。

==================================================

この後からは時間がとれず、何度か見送りました。
そして迎えた今回の韋駄天杯。
種目は新題闘技場でのモノブロスです。

やはり時間が思うようにとれず、やったのは初日の2~3時間程度と、最終日の2時間程度でした。
リアルの仕事を片付けることも含めて韋駄天だと思ってやりましたw

~片手剣~
舞雷剣【飛燕】(天の型)でやりました。
片手剣楽しいなぁとつくづく実感しました。
最適武器はおそらくドドドドで弱点に正確にエイムするか、HCラヴァで脚狙いの粘着をするかだと思ったので、
ベル片手ではそこまで詰められないだろうとは思いましたが、
3分前半くらい行けばいいなーと思ってごり押ししました。なんとか3分ぴったりになりました。
最終暫定で110位A程度だったので、上には上が居るよなーと思いました。自分ではこんなものか。
あと、武器の選択ではなく、自分のPS不足も実感しました。
最適ではないとはいえ、マスターに1分も差をつけられているようじゃ、さすがに恥ずかしい。

~双剣~
5回ほどやりました。せっかくHC双作ったのに背中にダメージ吸われて思うように攻撃できませんw
なんだ、最適はHC武器じゃなくてブリザードファング(ランナー付く)か、キットかと。
乱舞出し切り1回で割と転倒狙えるので、このハメだろうなーと思いましたが、後述するガンスが楽しいので、
双剣は切りました。結局評価はBのままww

~ガンランス~
HCゲネを準備しました。驚異的な攻撃力と麻痺属性、加えて砲撃レベル4とか韋駄天向きです。
モノブロスは麻痺時間が長いので、怒り威嚇、転倒、麻痺を織り交ぜてやったら一方的にクリアできるかもしれない。そう思い初日に10回ほどやったんですが結果は4分強で50位弱。評価はBでした。

PS以前にやり方が違うだろうと思い、脚狙いに変えました。あと、怒り時の転倒では脚ダメージの蓄積が追いつかないかもしれないので龍撃砲もがんがん使っていきました。だいたい3回目の龍撃砲で切れ味が緑から落ち、討伐が出来る感じだったので、これはありかもしれない。
それだけで30秒ほど縮みました。これはもしかしたらクリムゾンゲイザー改の脚狙いもあるのか…?
素材がないのであきらめましたw
あと、気になっていたのが、ダンディブラストの存在。
攻撃力は低めですが、雷属性が高いこと、砲撃レベル4であること、微妙に毒があること。
麻痺は取れないにしろ、転倒ループさせれば、こちらの方がダメージが稼げそうです。
とはいえHCゲネガンスでもワンチャンスあるかもしれないと回数を重ねたのですが、全然更新できないw
途中まで壁突き刺しオンラインだと思ったんだけどなー。
1箇所に攻撃を当て続けると、怯みでモノブロスが壁から後退してくれないので、
脚、腹、翼と刺さるたびに出来るだけダメージを分散させましたが、タイムの更新にはならず。
2分台とかどうやって出してるんだよーw

情報を集めて回ったところ、ネタっぽいですけどバリスタ戦法を見つけました。
威力が100なので翼で怯みが取れ、3発で300稼げます。
これは砲撃レベル4の龍撃砲に相当します。
切れ味の消費なしでこれは意外と使えるのではと思い、バリスタ3発→龍撃砲の流れでやってみたところ、
ダメージの蓄積が600で、怒りに移行することが分かりました。

もしかしたら、その後に壁突き刺し戦法ににすれば早いかもっ!?と思い数回やりましたが、
壁に突き刺さらず。
仕方なく、バリスタ→怒り→モドリ玉→壁待機でやろうとしたところ、大闘技場に入った途端ハンターさんがひるむww忘れてたww
と、こんな感じで遊んでいたところで時間切れです。
最終的に評価Aで100位に入るか入らないかのところでした。
今回は難易度が低かったためか、激戦区でなかなか上に上がれませんでした。
次回こそはもっとがんばるぞー。

当面の目標は1日目で暫定1桁に入ることです。
最終ではまだ戦えるだけの知識・経験・PSは無いと思われるので、
せめて一度だけで良いので初日1桁に入りたいですねー。


長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
来週の水曜日で一段落つくので、その後からは遊びますよ~。ではっ^^ノシ


応援のつもりで押してもらえると次回韋駄天の励みになります。
MHF・攻略ブログ
スポンサーサイト

カテゴリ:[MHF]韋駄天杯      

2011.02.15 Tue. 01:20 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 罠師G集め完了
韋駄天杯モノブロス① »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://valether.blog67.fc2.com/tb.php/151-055671d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 Pia-Kränze all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。